2014年04月30日

My place 雙城街にあるアメリカンなパブ

日本人駐在員御用達の飲み屋街は林森北路ですが、西洋人たちの昔ながらの憩いの場は雙城街附近だそうです。
近辺には台湾料理の老舗「欣葉」もありますが、この辺りは西洋人向けのパブがとても多いらしいです。
台北でも一番古いパブエリアなんだそうな。
今はフィリピンパブが多いようですね。

この日はテニスの練習の後に何人かで軽く飲みにやってまいりました。
ちょっと古い感じもしますが、まさしくパブのイメージ。

DSC_3251.jpg

店内も西洋人が多く、英語が飛び交います。
メジャーリーグが放映され、音楽もアメリカの80-90年代ロック。
以前にアメリカにいたときによく行ったパブを思い出します。

DSC_3250.jpg


DSC_3249.jpg

僕だけご飯を食べてなかったらしく、一人でIndonesian Fried Riceを注文。
インドネシア風炒飯ってことですね。
随分と時間がかかってやってきました。
外で作っているみたいですね。
あまり期待せずに食べてみたのですが、これがまた絶品!!
インドネシアっぽいかどうかは別として、日本のメチャうまいカレー炒飯かピラフの味です。
一緒に行った友人たちも一口食べて、「これはうまい!!」と絶賛していました。
ナシゴレンのような味かと思いきやカレー炒飯でびっくりでした。

DSC_3248.jpg

なぜアメリカンパブで日本のカレー炒飯が食べられるのか不思議な感覚ですが、うまいことは間違いなし。
次回テニスをしたら間違いなくこれを食べにやってくると思います。
これだけでも食べに行きたくなるかも。

===========
My place
住所:台北市雙城街32巷3-1号
電話:(02)2591-4269
営業時間:19:00-深夜3:30   


Clickをお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へにほんブログ村 グルメブログ 台湾食べ歩きへ

台湾旅行 ブログランキングへ

鉄道物語(民生店) 駅弁風の定食が売りのお店

ランチで前から気になっていたお店です。
台湾でも駅弁は有名で僕も台湾鉄道弁当は大好きです。
店名からして駅弁が食べられそうなこちらに来てみました。

DSC_2698.jpg

店内も電車モチーフのものがたくさんあります。

DSC_2695.jpg

こちらで注文。

DSC_2694.jpg

メニュー表です。
Gの炸鷄腿+蝦巻の定食にしました。


DSC_2693.jpg

弁当っぽい器に入ってきましたよー。
カリッと揚がった鳥モモのお肉に蝦巻が付いてくるものです。
鶏肉がジューシーでスパイスがなんとも絶妙な味加減でメチャうまいです。
下に野菜やらいろんなオカズが入っているのでバランスもよし。

DSC_2697.jpg

台湾の駅弁っておいしいのが多いですが、こちらもとても美味しかったですよ。



Clickをお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へにほんブログ村 グルメブログ 台湾食べ歩きへ

台湾旅行 ブログランキングへ
posted by Kuma at 10:00| 台北 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 中華料理・台湾料理いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月29日

阿里山・日月潭旅行7 35甕缸雞 丸焼き鷄が名物


日月潭についたところで4時すぎでホテルにチェックインして、少し日月潭を散策したらご飯に向かいます。
日月潭は夕方はもやがかかることが多く、景色を楽しむのは朝がいいので、夕方は早めに退散です。

同僚が勧めてくれていた鳥の丸焼きが有名な「35甕缸雞」に行ってみました。
日月潭からはタクシーになりますが、たしか4,5キロくらいで10分ちょっとで到着です。

P3292853.JPG

中は工場の中かというくらい広いです。

P3292852.JPG

奥の方に厨房があります。

P3292849.JPG

そしてこちらが丸々一羽を焼くという桶というか甕というか。

P3292848.JPG

鳥が焼けるまでに他のメニューをいただきます。

水蓮なんとかだったかな。
にんにくとの相性もばっちりでピリ辛。
うまい!!

P3292859.JPG

山蘇の炒め物
台湾独自の野菜ですね。
シャキシャキとした歯ごたえがたまりません。

P3292860.JPG

鷄油飯
鳥を焼くときに出たであろう油がかけてあって、さらにフライドオニオンらしきカリっとしたものが乗っています。
間違いなく太りますが、香ばしさがたまりません!!

P3292858.JPG

竹筒飯
原住民の調理法ですね。
竹の香りがいいです。

P3292862.JPG

さあ、鶏肉がやってきました!!
まるごと一匹皿に乗ってきます!!
北京ダックとはまた違う迫力です。
そしてこの照りと艶がたまりません。

P3292864.JPG

上からの写真、結構グロいですね。

P3292872.JPG

奥さんが解体してくれました。
ビニール手袋に軍手が用意されます。
うちの奥さんはアメリカに住んでいた時もターキーを焼くのにおなかの中に詰め物をするのも平気だったし、牛たんを食べようと舌を一本買ってきて皮をはいでスライスしてタン塩を作ってくれたりするタイプなので、こういうのは得意みたいです。
それに引き換え僕はグロいのはともかく、熱いのが苦手なので、とてもじゃありませんが、僕の手では解体できません。

横についている塩コショウ、鳥を焼いている時に出てきた油のタレ、辣醤の3つで食べますが、鶏肉のうまいこと!!
超柔らかくてジューシーとはこのことです。
皮もパリっとしつつ内側はジュワッと油が溢れ出てきます。
余すことなく鳥を味わうことができます。

P3292873.JPG

骨周りの肉部分も美味しかったようで、娘はずっと食べてました。
丸々の鳥の豪快さと美味しさに目にも舌にも美味しい夕食となりました。
台湾では山の方に行くとこの料理のレストランが多いようですが、これはぜひ食べていただきたいですね。

=============
35甕缸雞
住所:南投縣魚池鄉魚池街923號
電話: 049-2896688
營業時間:10:30〜19:00、休日10:30〜20:00
毎月月的第一、三 週毎週三公休。

Clickをお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へにほんブログ村 グルメブログ 台湾食べ歩きへ

台湾旅行 ブログランキングへ
タグ:日月潭
posted by Kuma at 17:00| 台北 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 中華料理・台湾料理いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へにほんブログ村 グルメブログ 台湾食べ歩きへ
ジモモ 台北
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。